1. トップ>
  2. 私たちについて

代表ごあいさつ

生命の貯蓄体操 理事長 矢野順子

自分が主役の健康づくりを

ゆったりとした呼吸。伸び伸びとした心と体。私達は、こんな心と体を自分で獲得するために古くて新しい東洋医学の知恵を活用した健康づくりを提案しています。健康な心身は美しさの源です。ご一緒に美力アップをめざしませんか。

変わりたい心と体とは、辛い症状のない体。クリアな心。生命の貯蓄体操は、こんな心と体づくりを目指しています。あなたの毎日を、美しく軽やかな日々に変えていきましょう。

団体概要

法人名 NPO法人 生命の貯蓄体操普及会
理事長 矢野 順子
本部所在地 〒790-0043 愛媛県松山市保免西1丁目3-11
連絡先 TEL 089-971-5059(代表) FAX 089-971-6833

組織沿革

昭和43年4月 「予防と健康づくり」として東洋の養生術から「健康づくり体操」として市町村への普及指導を始めた。
昭和50年3月25日 厚生省保険局国民健康保険課要請による「国民健康保険保健婦中央研修会」等が始まる。以後国民健康保険中央会主催のもとに指導者養成研修会が毎年開催され、平成13年度までに延1,626名の保健師への研修を行った。
昭和50年12月4日 主務官庁(愛媛県教育委員会)より正式に社団法人の認可を受け発足。
本部事務所を松山市二番町4丁目3番4号におく。
普通会員40名  特別会員16名
昭和50年12月13日 第1回理事会をえひめ共済会館会議室において開催。
会長に笹川良一氏、副会長に毛利松平氏、関谷勝利氏、塩崎潤氏、常務理事に向井義文氏、矢野順一を選任。
日本船舶振興会に対し、助成・補助金の交付申請を決定。
事務所移転に伴う定款変更を承認。
昭和51年4月1日 社団法人日本モーターボート協会内に東京道場設立
平成9年1月25日 社団法人生命の貯蓄体操普及会本部会館の建築開始。
平成9年7月15日 社団法人生命の貯蓄体操普及会本部会館完成。
平成12年4月11日 本山式経絡臓器電子測定装置(AMI)により人体12経絡を流れる気の機能及び経絡相互間のバランス関係の測定開始。
平成12年8月25日 最新版リーダー研修用生命の貯蓄(東洋の養生術) 著作物登録 第16516号の1
東洋の養生術生命の貯蓄体操解説 著作物登録 第16517号の1
以上2件が文化庁において著作物登録された。
平成23年8月1日 創始者 矢野順一死去
平成23年8月7日 矢野順子専務理事が理事長に就任。
現在に至る

名付け親は?

昭和50年12月4日 社団法人設立。ここで正式に「生命の貯蓄体操」の名称となりました。
名付け親は、財団法人日本船舶振興会(現公益財団法人日本財団)会長の笹川良一さんです。

<名称の理念> 当時の笹川氏のコメント

医師にすがる前に病気にかからない工夫が何よりも大切。それを私は生命の貯蓄と呼びたい。
すなわち毎日毎日の生命を将来に向かって貯蓄している過程であります。
これは精神的には常に平静安定を保つこと、肉体的には簡単で時間を要しない運動を行うのが要諦であります。
みなさん自身の幸福の源泉、生命の貯蓄運動に賛成してください。そしてこれを全世界に広めようではありませんか。

ページの先頭に戻る

メニュー