会員様の声

  • 27田島幸子(愛知)

    愛知県

    田島 幸子 様

    74歳

    元気な自分を取り戻す!

    疲労感リウマチ

    健康だけが取り得と生活を送っていましたが、六十代半ばになり、疲労感に加え、体の調子が今一つと感じていると、七年前リウマチと診断されました。症状は悪化し、割り箸も割れない状態までいきましたが、何とか落ち着きました。そして、もう一度症状がなかった頃の自分になりたいと考えていた時、生命の貯蓄体操に出会いました。学校卒業以来、運動とは無縁、全身を動かす体操に最初の一ヶ月位は夕食の支度もできない程疲労感がありました。初めは正座もできない、手首が痛くて体が支えられないと、できないことづくしでしたが、無理なく体全体を動かすことにより、次第にできることも多くなり、体操終了後の爽快感は心地よいものになりました。

ページの先頭に戻る

メニュー