1. トップ>
  2. 支部だより>
  3. 鹿児島県 姶良連絡所です。

支部だより

姶良連絡所

鹿児島県 姶良連絡所です。

姶良連絡所では様々な普及活動を行っていますが、特に会員さんの普及活動が大きな力になっています!
そんな中から、今回は2人の方のお話をご紹介いたします。

181225_01

お名前:脇田洋子さん(73歳)

教室名:青葉台教室

全く顔も名前も知らない方と美容室で一緒になって、何気ないお話の中で自分の体調不良の話をすると、その方が「体操をしてみたら?」と誘われ、友人と体験へ出かけました。 体験してみると、健康と体力に自信のない自分たちに適している体操だと感じました。
また、この体操をひざや腰の悪い知人、友人に知らせたいとも思いました。ただ、教室の場所が少し遠く、ベテランの会員さんばかりで、できれば自宅から近く、同じ初心者レベルの人たちと体操をしたいと思い、教室の先生に聞くと…「場所を確保し体操をやる人が数人いれば、新しい教室を確保できる」と教えていただきました。
そこで、自宅近くに体操のできる場所を見つけ、老人クラブの仲間や、近所のみなさんにも声をかけ、約20名が集まって体操を体験してもらいました。
こうして、自分も含めて7人の仲間とともに新しい教室の開設ができました。そして、教室が始まると更にビックリ!!教室の先生が、美容室で体操を勧めて下さった”村田先生”だったのです。

181225_01

お名前:西川ひろみさん(64歳)

教室名:池島教室

2015年頃からめまい、肩こり、不安症状などで体調不良となり、心身ともに最悪の状態でした。
2018年に地区主催のイベントで体操と出会い、無理のない動きと丹田呼吸にビックリ!これだ!と思い、2019年2月に入会。「体操が薬だ」と思い、習った動きを日々の体調に合わせ毎日やると、薄紙をはがすように改善し、健康診断のデータ数値も良くなり、私自身びっくりするほど明るさと笑顔を取り戻していきました。
そして友人から「最近元気だね」という言葉をもらうと、「生命の貯蓄体操で丹田呼吸をしているから」と、いつの間にか熱く語る自分がいました。しかし5月に母が末期がんとわかり、最後の親孝行と思い教室を休み介護することにしました。
母の枕元で、大きな声で体操をすると「元気が出る。ありがとう」と笑顔で喜んでくれましたが、9月に旅立ってしまいました。そしてこれをきっかけに私の体操への意識が変化しました。母の笑顔を思い出すたび、自分のために行っていた体操を、もっと人にも伝え、元気になってもらいたい!と思うようになりました。同じ時期に入会し、私の想いに共感したくれた「内村さん」にも協力してもらい、新たな教室の開設を目指しました。
まずは新しい教室まで歩いてこられる近所の方、そして友人知人に伝え、20名ほど集めて体験教室を開設しました。入会して1年も経たない私と内村さんの熱い想いが形になり、感動しました。
「新しい教室」では、「新しい会員さん」とまた「新しい発見」があります。そして人が人を呼んでくれて活気に溢れています。陽気な主人も入会し、夫婦で「自分のペースでゆっくり、そして楽しく」をモットーに行っています。皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

一覧に戻る

会報 生命の貯蓄

会員の方へ3ヶ月に1回発行している「生命の貯蓄」会報をPDFで閲覧・ダウンロードできます。

第38号 令和1年8月
最新号

第39号 令和1年8月

一覧を見る

みんなの情報を受付中!

各支部で開催されるイベントや会員のみなさまの楽しい話題などをどんどんお寄せください。

メールする

メールマガジン

会員様向けメールマガジンを配信しています。

QRコード

QRコードから空メールを送信し、指示に従ってご登録ください。

※QRコードが読み取れない方は、mibyo_inochi@x.bmd.jpに直接空メールをお送りください。 ※登録料など、一切費用はかかりません。 ※パケット代は会員様負担となります。 ※お持ちの携帯電話がパソコンからのメール受信を拒否している場合があります。お近くの携帯会社窓口にご相談ください。

広報ツール

様々な形態の広報ツールをご用意しています。ご希望のツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

メニュー