1. トップ>
  2. 支部だより>
  3. 松江準支部 今年も健康福祉フェスティバルに参加しました!

支部だより

松江準支部

松江準支部 今年も健康福祉フェスティバルに参加しました!

島根県松江準支部です。
6月10日(日)くもり空の下、
今年で22回目となる「2018松江市健康福祉フェスティバル」が
松江市総合体育館で開催されました。

20180625_01

フェスティバルは行政が中心となり、
NPO、事業所、市民などが「健康・福祉」について学び交流できる様々なブースが設けられ、
「生命の貯蓄体操」も体験コーナーに出展しました。

20180625_0203

まず吉岡講師が、持ち時間40分という限られた時間の中、
50人を超える一般の方々(こどもから高齢者と幅広い世代)に
“呼吸法が身体を変える上で、大きな関りがある”
と、「丹田」の位置を説明すると、各自下腹に手を当てて丹田の場所を確認。
そして丹田呼吸法のトレーニングCDを流し、静かな空間の中で心地よいナレーションの声に浸り、
会場には参加者のリラックスムードが漂っていました。

20180625_04

また号令のかけ方では、カラスの“かあ~”“ええ~い”を練習。
会場には元気な大声が響いていました。

そして五導術第1動~4動、第16導~18動の動作を、説明を加えながら体験してもらいました。
吉岡講師は、
「身体の関節が錆びないように呼吸法で力を抜いて、できる範囲で毎日動かすことが大事。
 笑顔で健康に過ごせるひとつの手法(きっかけ)にしてほしい」
とお話ししました。

20180625_05

参加者の声】
・丹田呼吸法について
とても良かった。
初めてこのような呼吸法があることを知った。
家でもやってみようと思う。

・号令について
日ごろ出さない大声にとてもスッキリした。
ストレス解消にとてもいい!

これからも健康づくり活動のため、親しみやすい地域に根差した体操を機会あるごとに発信していきます!

レポート:角田裕美子準支部長

一覧に戻る

ページの先頭に戻る

メニュー