1. トップ>
  2. 支部だより>
  3. 平成29年度「会員研修会及び一般の方の体操体験会」を開催しました。

支部だより

佐伯支部

平成29年度「会員研修会及び一般の方の体操体験会」を開催しました。

大分県佐伯支部です。
平成29年度「会員研修会及び一般の方の体操体験会」を開催しました。
レポート:佐伯支部長 髙原孝子

平成30年2月17日、佐伯市三余館大ホールにおいて「佐伯支部会員研修会及び一般の方の体操体験会」を開催しました。

寒い中、会員146名、一般市民20名の参加がありました。
10時、支部長挨拶で開会。日野原重明先生の「年をとることは、未知の世界に一歩づつ足を踏み入れること。こんな楽しい冒険はない」との言葉を引いて、積極的に老いを受け入れて、その冒険をワクワク楽しむためのヒントをこの研修会で見つけて帰りましょうと挨拶。その後「丹田呼吸法による体操で真の健康づくり」と題して、理事長に講演をしていただきました。

講演では、一般の方にもわかるように平易な言葉でお話しくださいました。人生には、3つの節目(思春期―更年期―高年期)があること。その節目を乗り越えてこそ、楽しく豊かに健康寿命を延ばせること。また、年をとることについての不安は3つ考えられる。老後の不安、ロコモの不安、認知症の不安などで、ロコモ・認知症についての不安は、生命の貯蓄体操をきちんとすることで何とかなると説かれました。

まず、ロコモについて。日常生活では、使わない筋肉と、使いすぎる筋肉があるが、どちらも悪影響を及ぼすので、解消するためには、反対のことをすればよい、つまり、あまり使わず縮んだ筋肉は伸ばし、首や肩・背中などを支えて使い続けている筋肉は緩めてやれば、血液の流れがよくなり筋肉の温度が上がり、内臓を温め、体温が上がることで、免疫力が上がること。このように、身体に手を入れることで身体が整うことを丁寧に諄々と説いてくださいました。次に、認知症については、動的丹田呼吸法が特に重要で、丹田から発声(号令)をかける事で、脳を刺激し、脳が活性化され認知症予防効果に繋がっていくこと。「呼吸」は、医学的には酸素を入れて二酸化炭素をだすことだが、東洋の考え方では、生命力エネルギーを丹田に入れて、丹田に集めた邪気(病気をつくる不要な氣)を吐き出すということで、「吐くこと」が大切であること、丹田呼吸法で、体幹が動けば、内臓の位置や腰椎が整い、 深い呼吸で「セロトニン」(幸せホルモン)が活性化されて、心身ともに安定し、健康長寿に繋がっていくこと等を、わかりやすく説明していただき、丹田呼吸法の重要性を再認識させていただきました。

講演の後、休憩をはさみ一般の方も参加して丹田呼吸法の指導をしていただきました。丹田の位置を確認し、みんなで横になって、CDを流しながら丹田呼吸法の実践をしました。
午後からは、会員だけの研修会。開始前に、免状授与式をしました。
今年度、久しぶりに佐伯市で免許講習会をしていただいたところ、19名の方が指導員補免許を取得されました。矢野理事長より免状を手渡していただき会場から拍手で称えました。

その後1時から3時まで、五導術の疑問点の多い動作を重点的に指導していただきました。よくわかるように悪い例と良い例の違いを示され、効果の出るやり方をご指導いただきました。直々に手を取って、なおしてくださり、自分の知らなかった可動域を体験した会員さん、勘違い箇所をなおしてもらった会員さんなど、きめ細かいに指導にただただ感動していました。
午後の休憩中に、羽生結弦選手・金メダル、宇野昌磨選手・銀メダルの報が入り、会場に臨時ニュースを伝えて、会場中が一つになって大喝采の場面もありました。

20180217_saeki_img03

体操の良さは、まず自分が気づくことが第一歩だと思いますので、これから精進して体操の質を高め、健康づくりに励んでいきたいと皆感じたことと思います。ご指導いただいたことを忘れないうちに、復習のための勉強会を実施する予定です。また、理事長の講演は、たいへんわかりやすく生命の貯蓄体操の重要性を説かれ健康づくりの意識向上に是非とも会員全員に聞かせたかったと思う内容でしたので、「佐伯支部会報臨時号外」を作りたいと思っています。

*《体験会に参加された一般市民の方の感想》
今回もまた、葉書大の「お誘いカード」を会員に配ってもらい、
体験会にはカードに住所・連絡先等を記入して参加いただきました。体験後、感想を伺いました。

◎講師の先生が専門用語等を使わず、
わかりやすい言葉で話して下さったので初心者にもよくわかった。
◎呼吸法で喉を緩めると聞いて、納得がいった。
先生の号令を聞いて、丹田から出ているのがわかって目からうろこだった。
◎邪気をだすなど信じられなかったが、イメージして吐き出せば良い効果がでるときいて
丹田呼吸法をしてみたいと思った。
◎呼吸をここまで丹田に意識をもってしたことはなかったのですごいと思ったが、
丹田呼吸法は自分にはむずかしいと思うが、興味あるので教室の見学に行きたい。

一覧に戻る

ページの先頭に戻る

メニュー