1. トップ>
  2. 支部だより>
  3. 名古屋支部です。「丹田呼吸法で健康づくり」を開催しました。

支部だより

名古屋支部です。「丹田呼吸法で健康づくり」を開催しました。

レポート 名古屋支部 実行委員 野田京子

平成29年8月30日 一宮市尾西庁舎大ホールにて、「丹田呼吸法で健康づくり」と題し、
講師 林 典子 名古屋支部長、他実行委員5名と会員6名の計12名でプレゼンテーションを行いました。 当日は85名様のご参加を頂きました。
途中退場者ゼロ。見ているだけの参加者はおらず、全員が体操を体験されたことを嬉しく思います。

一宮市の三条地区には20年来の教室があり、更に地元への浸透と定着を図っていきたい地区です。
この度、三条公民館女性学級に働きかけ、生命の貯蓄体操を紹介する場を設けて頂くことができました。

この企画は2年前より構想を練り、ようやく実施の運びとなりました。
『生命の貯蓄体操の知名度を高め、教室の存在を知って頂くこと』、『会員獲得のために魅力を最大限にアピールすること』、
この2つの目標をかかげ、3か月前から打合せとリハーサルを重ねて挑みました。

2時間のプログラム内容は、支部長挨拶に始まり、DVD「生命の貯蓄体操の特徴と効果」上映、丹田呼吸法、五導術、休憩をはさみ、
要の操法、最後は教室案内と御礼の言葉で締めくくりました。
林典子支部長の軽快なトークに会場が和みました。
DVDを上映しますと、皆さん大スクリーンに目が釘付け。会場は驚きのあまり、どよめきました。

丹田呼吸法では、丹田の場所や呼吸法の説明の後、CDを流し体験して頂きました。
五導術は8動作を、会員さんの実演の後に参加者も一緒に体験する形式で行いました。
要の操法は1~3動までを会員さんの実演の後に参加者も一緒に体験して頂きました。

また、配布物として、ゆるもあVol.1、一宮市内の教室案内、丹田呼吸法プリントを用意致しました。
本部制作の発行物、CD,DVDをフル活用させて頂きました。

反省点として、
参加者の皆様の動作中に入るスペースが狭く、見回りとお声がけが十分できなかったこと。
土足の会場だったため、丹田呼吸法体験で寝る姿勢がとれなかったこと。
参加者の皆さんの感想を十分お聞きできなかったこと
が挙げられます。

嬉しかったことは、
女性学習部役員の方より、「教室に体験に行きたい。」、
「参加者の方々が全員体操に取り組まれて驚いた。」、
「良い企画だった。」と、言って頂けたこと。
打合せやリハーサルを重ね、実行委員と会員さん全員が一致団結し自分の力を出しきったこと。
地元の皆さんに生命の貯蓄体操の存在を知って頂けたこと。です!

最後に、 このイベントを通して、指導員も会員さんもこの体操に、
より誇りと自信を持つことができました。
これを皮切りに、今後も体操普及の企画を仕掛けていきたいと思います。

一覧に戻る

ページの先頭に戻る

メニュー