1. トップ>
  2. お知らせ>
  3. 体操に便利!? 呼吸がしやすい、飛沫防止マスクの作り方

お知らせ

体操に便利!? 呼吸がしやすい、飛沫防止マスクの作り方

この飛沫防止マスクは、体操時の飛沫抑止のために作成した応急用です。
完全に感染を防げるものではないことをご了承ください。
飛沫防止マスクを複数回使用する場合は、アルコール除菌や水洗いをしてください。

【作り方の「動画」】

■準備物(基本100円ショップで揃えられます!)

181225_01

  • 型紙(生命の貯蓄体操ホームページに掲載)
  • クリアファイル
  • すき間テープ(両面テープとお化粧用のベース型パフ(厚みが必要)でもOK)
  • はさみ or カッター
  • 定規
  • キリ(ペン先等でも代用可)
  • 油性ペン
  • ゴム(丸ゴム、平ゴム、輪ゴム、使い捨てマスクの再利用など)
  • カッティングマット(机等を傷つけないための作業マット)

■作り方

①お好みのサイズの型紙を選んでください。(4種類あります)

②選んだ型紙の左側余白を切り取り、 クリアファイルの奥までしっかり 差し込む。

③型紙の━線に沿ってクリアファイルごと切り取る。

④型紙の┄┄線部分の◂印を目安に、クリアファイルの端に油性ペンで目印を付ける。

⑤切り取ったクリアファイルの外側を下にして広げ、付けた目印を参考に内側へ折る。

マスクの上になる部分は、内側に2回折る。
マスクの下になる部分は、内側に1回折る。
この時、力を入れてしっかり折る。(定規を使って上から押さえると折りやすい)

⑥型紙の下部にある図の「穴を開ける位置」を使用。

マスクの右上、右下、左上、左下の角を図にあわせ、マスクの内側(⑤で折り曲げた側)
から●(穴位置)を目安に、キリなどで穴を開けてゴムを通し、外側(マスクの表になる面)で
結んで固定する。

⑦型紙の下部にある図の「あご部分の折り位置」を使用。

マスクの右下、左下の角を図にあわせ、┄┄線に沿って内側に折る。

⑧3㎝程度に切った「すき間テープ」を4個作る。

両面テープとお化粧用のベース型パフ(厚みのあるもの)で代用可。
※「すき間テープ」が肌に合わない場合は、使用をお控えください。

⑨マスクの下部中央から1㎝程度あけ、折り返し部分を押さえるように「すき間テープ」を2個ずつ重ねて張り、【完成!!】

⑩「すき間テープ」の貼る場所を変えたり、切り貼りして、いろいろアレンジもできます。

⑪工夫しながら、体操を楽しんでください(^0^)

一覧に戻る

会報 生命の貯蓄

会員の方へ3ヶ月に1回発行している「生命の貯蓄」会報をPDFで閲覧・ダウンロードできます。

第38号 令和1年8月
最新号

第39号 令和1年8月

一覧を見る

みんなの情報を受付中!

各支部で開催されるイベントや会員のみなさまの楽しい話題などをどんどんお寄せください。

メールする

メールマガジン

会員様向けメールマガジンを配信しています。

QRコード

QRコードから空メールを送信し、指示に従ってご登録ください。

※QRコードが読み取れない方は、mibyo_inochi@x.bmd.jpに直接空メールをお送りください。 ※登録料など、一切費用はかかりません。 ※パケット代は会員様負担となります。 ※お持ちの携帯電話がパソコンからのメール受信を拒否している場合があります。お近くの携帯会社窓口にご相談ください。

広報ツール

様々な形態の広報ツールをご用意しています。ご希望のツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

メニュー