1. トップ>
  2. お知らせ>
  3. 2016年 メールマガジン一覧

お知らせ

2016年 メールマガジン一覧

矢野順子理事長の「生命の貯蓄体操」ちょっといいお話

この冬は、昨年よりも早くインフルエンザの流行が始まっているようです。うがいや手洗いなどの予防に加えて、根本的には体の免疫力を高めておくことが必須です。

東洋医学では、「腎」がキーポイントになります。
すなわち「腎」の働きを調えることです。
「腎」は免疫力も含めた生命力の根源というのが東洋医学の考えです。
そして「腎」は冬の寒さに弱いものでもあります。

体、特に腰とお腹を冷やさないようにしましょう。この部分は「腎」のエリアです。体操は首や肩こりの改善を目指しましょう。養生手帳にある首肩コリの動作をおウチでも行ってください。 また、ツボでは腎経の「兪府(ゆふ)」をお風呂などのときにゆっくりと自己指圧するといいですね。場所は鎖骨の下縁で体の真ん中(正中線)から2寸横あたりになります。丹田呼吸とともに最低3秒くらいかけて胸の奥から背のほうにひびく感じがあれば効果的です。

初のPR紙『ゆるもあ』をご活用ください!

お手元に届いていると存じます。
手に取られた時、どのような印象を描かれたでしょうか?
この『ゆるもあ』は地域の方々にぜひお渡しいただきたいのです。できれば「ご家族さまにもぜひ目を通してもらえば嬉しいです!」などとメッセージを添えてお渡しください。
教室長様や会員様の手から、友人に知人にお願いしたいのです。
読後の感想も伺えると次のステップの参考になりますよね!また、色んな所にも置かせてもらって、体操の素晴らしをぜひアピールしてください。 お願い!

からだ改善フェスタ、大盛況です!

各地の支部が中心となって一般の方々を対象にカウンセリングなどを通じて生命の貯蓄体操を知っていただき、入会していただくことを目的に開催する「からだ改善フェスタ」。
いよいよ11月から兵庫県内でスタートしました!
まずは3日道の駅「みき」、そして13日には三田フラワー市民センターで開催。大勢の方々にご来場いただきました。本当にありがとうございました。またお世話された支部の皆さま、お疲れさまでした。
この後は23日は宝塚商工会議所、27日小野コミュニティーセンターおおべ、12月4日加古川生活創造センターかこむ、来年1月14日西脇茜が丘複合施設みらいえ。そして1月22日には愛媛県生活文化センターで開催します。ぜひお誘いあわせの上お出かけくださいね!

矢野順子理事長の生命の貯蓄体操ちょっといいお話!

睡眠中に足がつって大変だった経験はありませんか? 夜寝ているときに足がつるというのは成人の3割くらいの人で、月に1回以上は起こっているという報告があります。

場所は色々ですが、圧倒的にふくらはぎが多いようです。原因はその部分の筋肉の疲労、運動のし過ぎ(例えばウォーキングのし過ぎなど)や逆に運動不足、体内のミネラルのアンバランスなどと言われています。 筋肉の疲労は運動のし過ぎや立ち姿勢の連続などで筋肉内の血流が悪くなって、疲労物質の排出もうまくいかず筋肉内に溜まっています。この解決には筋肉を無理なく伸ばして血流を良くすることが肝心です。 寝ている間ふくらはぎは少し縮んだ状態になっていることが多く、そのため血行不良状態になっており、寝返りなどの睡眠中の動きに対応できず、こむら返りを起こしてしまうことになります。

冷えはそれだけで血行を悪くしますので、これからの季節は冷え対策が必要です。そして寝る前に要の操法の第2動、第3動をゆっくりと行ってからお布団に入りましょう。太ももがつる場合は第4動も追加してください。

養生手帳を必ずご活用ください!

昨年新しくなった「養生手帳」。あなたはもうお使いでしょうか? わかりやすい体操の解説はもとより、あなたの身体の記録を3年に渡って記録できるほか、3年間の体操スケジュール表やメモ欄も充実! しかも読むだけで体操の用語などの知識もどんどん身について行くんです! まさに会員の皆さまの健康のカルテ、体操のバイブルです。「健康な身体」へとあなたを変える新しい「養生手帳」。必ずご活用くださいね! まだという方はぜひ教室長さんにお問い合わせください。

からだ改善フェスタが始まります!

生命の貯蓄体操で病気の出ない身体づくりに取り組みましょう!ということで、「からだ改善フェスタ」がいよいよ開催されます。 このフェスタは、各支部が中心となって一般の方々を対象にカウンセリングなどを通じて生命の貯蓄体操を知っていただき、入会していただくことを目的に開催します。 まずは11月から兵庫県内支部で開催。3日道の駅「みき」、13日三田フラワー市民センター、23日宝塚商工会議所、27日小野コミュニティーセンターおおべ、12月4日加古川生活創造センターかこむ、そして1月14日西脇茜が丘複合施設みらいえで開催します。 お近くの皆さま。ぜひお誘いあわせの上ご参加くださいね!

矢野順子理事長の「生命の貯蓄体操」ちょっといいお話し!

「さわやかな秋」を楽しむ準備はできているでしょうか?

夏の疲れを残したままだと、食欲の秋も行楽の秋も楽しむことはできませんね。何となく身体がだるい、頭がぼーっとしている、朝起きづらい、食欲やお通じが快適でない…など病気でもないのに身体がすっきりとしないのは、夏の疲れが残っている可能性が大です!

そんなまま秋を過ごすと免疫力が落ちて、寒くなってくると風邪を引きやすくなったりします。今のうちに手入れをしておきましょう。 夏は室内と戸外の温度差が激しいこと、冷たい飲食による胃腸などの冷え、暑さによる運動不足などが不調や夏バテの原因になっています。その回復のためには自律神経と全身の血行を調える手入れが必要です。

涼しくなった今は夜寝る前に丹田呼吸法を行うのに最適なシーズンです。体操では、要の操法の第2動、第5動、五導術では第5動、第23動、第29動などを丁寧に行いましょう。

「ダイヤモンドエイジコンテスト」ご応募ありがとうございました!

70代・80代・90代の方々を対象にしました写真コンテスト、「素敵なダイヤモンドエイジコンテスト」へ、全国からたくさんの皆さまにご応募いただきありがとうございました。

おかげさまで本当に素敵なお写真が日本中津々浦々から到着!そのお元気でハツラツとされたお姿に改めて驚き、感心させられました。

皆さまから寄せられたお写真とプロフィールは、厳正な審査をさせていただき、次号の会報誌上で優秀者を発表いたします。 どうぞご期待ください。

「からだ改善フェスタ」が始まります!

「生命の貯蓄体操」の素晴らしさを広く一般の方に知っていただき、体操によって体のお悩みを改善してみませんか?というイベント「からだ改善フェスタ」がいよいよ兵庫県内で始まります。

この「フェスタ」の大きな目的は今年度改善特別教室のテーマ「腰痛改善特別教室」にできるだけ多くの方々がご参加いただくこと!

現在、兵庫県内7つの支部で準備が進んでいます。 男性のお悩みNo.1の腰痛。「改善教室」の開催を目指して皆様の支部でもますますの普及活動をお願いします!

矢野順子理事長の「生命の貯蓄体操 ちょっといいお話」

まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、お元気でお過ごしのことと思います。
また先日の台風で被害を受けられた地域のみなさまには心からお見舞い申し上げます。

ところで、夜寝ている時やヒョイとしたはずみに足が攣(つっ)て痛くて大変な思いをされた経験はないでしょうか?
これから秋に向かって気温の変動が激しい時期になると、足が攣りやすくなります。
足が攣りやすい場所は、ふくらはぎや足の裏、足の指などですね。

原因は水分やミネラルのアンバランス、冷え、攣る部分の筋肉の疲労などの他に薬(利尿剤など)の副作用もあります。
改善法としては、適度な水分補給(摂り過ぎはまた別のトラブルの原因になりますので適度を心がけましょう)をして、お風呂などで下半身からしっかり温め、攣る場所を軽くマッサージするのも良いでしょう。
そして、貯蓄体操では足の血行を良くするように、要の操法の特に「第2動、第3動、第4動」などを寝る前にゆったりと行いましょう。
また、ウォーキングも重心がブレた状態で長く歩くと、足の筋肉の疲労につながりますので、ウォーキングの後は特に体操でお手入れを忘れずしてくださいね。

まだ間に合いますよ!「ダイヤモンドエイジ写真コンテスト」

続々と素敵な写真が届いています!
70代・80代・90代対象のダイヤモンドエイジの皆さまの写真コンテスト。
もうご応募いただけましたか?
8月末が締め切りとなっていますが、まだまだ間に合います。
外観の「美しさ・若々しさ」だけでなく、素敵な趣味をお持ちで充実した生活を送っている方、いつまでもおしゃれで人生を謳歌されている方など、自薦他薦を問いません。ぜひ本部までお寄せください。
詳しくは最新の会報をご覧ください!

<普及力アップの強力ツール、ぜひZカードをご活用ください!>

猛暑が続く中、みなさま普及活動ありがとうございます。 さて、生命の貯蓄体操の普及ツールの中でも、特に若い女性の方々を対象とした 折り畳み式カード型冊子=Zカード。もうご存知ですね! 気軽に手にとっていただけ、ポケットにもすっぽり収まるので、普及活動には 最適のツールです。 まだ支部でお持ちの所は、ぜひこれを最大限にご活用ください! 例えば無料体験会やPR活動、街頭での配布活動やお店の一角においてもらうなど用途は様々。きっと威力を発揮するはずです。 お手もとにない支部には無料で差し上げています。 お申し込みは本部事務局までどうぞ!

<矢野順子理事長の生命の貯蓄体操ちょっといいお話>

一年中で一番暑い季節を迎えています。 さてこんな暑いとき、手や足がほてったり、熱がこもったりして不快感を覚える、寝付きにくいなどの悩みを持つ方が結構いらっしゃいます。

ほてったりしているとつい冷やしたくなりますが、これは逆効果です。 ほてったり熱がこもったりするのは、実は冷えているケースが多いからです。

手や足、身体の中や内臓の毛細血管の血流が悪くなるとその部分は冷え、その代わり表面が熱くなるのです。 要するに熱のバランスが不均衡になるということです。 足のほてる方は、下半身の血行を良くする要の操法が最適です。また手がほてる方は、肩こりの改善を目指しましょう。 五導術の第5動、16動、17動などをしっかり行いましょう。 身体がほてる方は、五導術では第1動、5動、15動、22動、30動などを丁寧に正しく行いましょう。

冷房が不可欠な今の時期ですが、ほてる方や熱がこもる方はつい冷房を強くして、冷えに拍車をかける結果にならないように注意してください。 また暑いからとシャワーだけで済まさないで、湯船にゆっくりと浸かり、汗を十分出すことも大事です。生命の貯蓄体操で、暑さに負けず元気に過ごしましょう!

<支部だより、続々届いています!>

みなさま 暑い日が続きますがお元気でお過ごしでしょうか? 体操で心も体もすっきりして夏を乗り切りましょう! さて生命の貯蓄体操のホームページ、ごらんいただいていますか? その中の「会員情報ページ」は、全国の支部や教室から寄せられた活動状況や親睦イベントなどを掲載しています。 全国の「貯蓄体操」の仲間が、様々な活動や親睦会の様子などを投稿してくださいます。先月は名古屋支部、新東大阪支部から届きました。ぜひ、パソコンやスマートフォンでご覧くださいね! また投稿はお手紙でも結構ですし、「会員情報ページ」からメールも送れます。ぜひ本部までお送りください。

大好評!「写真コンテスト」ご応募お済ですか?

70代・80代・90代(ダイヤモンドエイジと呼んでいます)の会員の皆さまを対象に、只今募集している「写真コンテスト」は大好評で日々新しい写真が続々届いています。 まだまだ間に合います。特に教室長さんはご自分を含め会員の皆さまに大いに声をかけていただきますよう。そして旅行券を手に入れてくださいませ。自薦他薦を問いません。詳しくは最新の会報をご覧ください。お待ちしていま~す。

丹田ベルトのご注文はもうおすみでしょうか?!

丹田呼吸法CDの強力サポートグッズ「丹田ベルト」。もうご注文いただけましたか? おかげさまで現在全国からたくさんのご予約をいただいています。 製品は9月半ばには皆さまのお手元にお届けできる予定ですので、今しばらくお待ちくださいね!

さて先月から始まった「会員プレミアム研修会」。スタートの鳥取支部では研修会終了後、会場を暗くして参加されたみなさんが丹田呼吸のCDで呼吸法を実践されていました! 中には気持ち良くて眠っている方も…みなさまもCDとベルトで「丹田呼吸」をぜひマスターしてくださいね!

ホームページの全国教室情報が新しくなりました!

メルマガのご購読、ありがとうございます。皆さまは生命の貯蓄体操のホームページをご覧になったことがおありでしょうか? 本部からの最新情報や全国の支部の活動の様子などが一目でわかります。ぜひご訪問ください。 このホームページには全国の教室の情報も掲載されていますが、このほど新しく更新しました!ぜひ体操をしてみたいけど、近くの教室を探したいと言う方にご紹介くださいね! ホームページは、「生命の貯蓄体操」でご検索ください。

矢野順子理事長の体操ワンポイントアドバイス!

梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですね。お元気でお過ごしのことと思います。 さて、今回は「五導術の第一動について」がテーマです。たくさんの方々の動作を見せていただきますが、大切なところが抜けてとてももったいない動作をされている方が多いのです。 まず、空気は胸にできるだけ沢山入れますが、これは呼吸のためではありません。 横隔膜を下げるためです。 この第一動は横隔膜の上下をしっかりして、お腹の内臓を大きく動かす(マッサージ効果)ことが狙いの動作です。 横隔膜をしっかり上下させるためには、胸にできるだけ多くの空気の出し入れをすることと比例します。 そうしますとお腹の内臓の毛細血管の血流がよくなり、働きも活性化されます。これでお分かりのように、やはり呼吸は胸ではなく、丹田呼吸なのです。 肩の上下より大切な横隔膜の上下を、しっかり行いましょう。

理事長指導で待望の丹田ベルト完成!

大好評の「丹田呼吸法」のCDに続き、ついに強力なサポートグッズ「丹田ベルト」が完成! このベルトは矢野順子理事長が自ら作成したもの! ベルトを丹田の位置に合わせ、内ポケットに使い捨てカイロを入れてマジックテープで装着するだけ。 これで丹田の位置を確認しながら体操が行えます。 CDと合わせて練習するとまさに「鬼に金棒」! 価格は税込み1500円です。各教室長さんに申し込み用紙をお配りしていますので、ぜひご購入をご検討ください!

いよいよ今年度「会員プレミアム研修会」がスタートします!

「会員の皆さまと本部が、共にふれあい歩んでいく」ことを目的に開催しています『会員プレミアム研修会』。 毎年、会員のみなさまから「楽しかったあ~!」「勉強になった!」「またやって!」などなど…うれしいお声をいただいています。 開催3年目となる今年は、中国地区・北部九州地区全20カ所を予定、先ずは今度の日曜6月26日、鳥取支部からスタートいたします。 初めて聞く本部のお話、講師の先生の楽しいトークと目からうろこの丹田呼吸法や動作の指導。 刺激と楽しさ満載の「会員プレミアム研修会」。ぜひご期待ください!

間もなくお届けの会報誌は「体験談特集号!」

新しい「会報 生命の貯蓄」が完成しました。 今回は編集員さん渾身の企画号!

全国の会員の方々の体験談をふんだんに盛り込んだ「体操を実践してこんなに変わった」。 生命の貯蓄体操を続けて鉄板のような肩こりが劇的に改善した方、高血圧がみるみる改善した方、病気のデパートから脱却した方…などなど 皆さまの生の体験が満載です。今さらながらに体操の「スゴサ」が感じられる特集号。

今回は会員みなさまにお配りいたします。間もなくお届けしますので、こうご期待!

矢野順子理事長「生命の貯蓄体操 ちょっといいお話」

皆さん、こんにちは。全国各地で梅雨入りしましたね。これから鬱陶しい季節に入ります。

さて、湿度が高くなってくると、水分の排泄のバランスが崩れやすくなり、“むくみ”の症状が出やすくなります。 今回は、顔のむくみ改善と血行を良くして肌のハリの効果がある「美顔のツボ」をご紹介しましょう。 目尻から真っ直ぐ下へさがったところと、頬骨の下の際を真っ直ぐ外へ向かった線が交わるところがそのツボです。名前を「けんりょう」といいます。 お風呂の中やお風呂あがりに、このツボを指圧しましょう。中指で丹田呼吸法を使いながら3~5秒くらいゆっくりと指圧するのを10回~15回くらい行うと効果的です 。もちろん、五導術で首肩こりを改善すると鬼に金棒ですね。

本年度の改善教室のテーマは「腰痛」です!

早いもので5月も今日と明日の2日となりました。みなさま、日々の普及活動ありがとうございます。さて、いよいよ明日から全国のトップを切って四国地区の「教室長研修会」「指導員補研修会」が開催されます。研修会では、改善教室のテーマに関する勉強会も行っていますが、本年度の改善教室のテーマは「腰痛」!症状別ランキングで、女性の第2位、男性ではなんと第1位とお悩みの方が多い症状です。この研修会でお勉強された指導員の先生が、今後全国で改善教室を開催されます。ぜひ会員さまだけでなく、周りの方もお誘いくださいね!どうぞご期待ください。

矢野順子理事長の「生命の貯蓄体操ちょっといいお話」

爽やかな季節になりました。今回はこんな季節にふさわしい“ウォーキング”がテーマです。

歩くことは運動の基本であり、現代の生活習慣による運動不足の私たちにとって「歩く」ことは大切なことです。

ただ、誰もがむやみやたらに長く歩けばいいというわけではないようです。 腰や股関節、膝関節などにトラブルがあって、体の重心がブレている方は、歩くことがいいと思ってあまり長く歩きすぎると逆に負担となって後で脚がつったり、腰や膝のトラブルの改善が遅れたり、また症状を悪化させてしまうこともあります。 こういう方はまずは歩行時間は30分までとして、要の操法で腰を十分に調えることを優先しましょう。腰が調って重心のブレが改善されて、歩行時に正しい重心移動ができるようになると、長時間のウォーキングも無理なく楽しむことができることでしょう。

矢野順子理事長のワンポイントアドバイス!

本部があります松山では桜も散って、もう初夏のような陽ざしも感じます。全国の支部などをまわらせていただいておりますが、五導術第12動(目の周囲の指圧)の、“3”で押す目尻の位置が間違っている方が多いのです。この場所は「瞳子リョウ(どうじりょう)」というツボで、疲れ目や眼精疲労に効果のあるツボです。

ツボを間違えると当然ツボの効果が発揮できません。必ず目尻より外の骨の少し窪んだところで、押すとひびく感じがあるところを押してください。

わからないときは教室長さんに教えてもらってくださいね。どうせするなら、効果をしっかり出さないともったいないですよね!

おかげさまでもうすぐ登録者が2000名です!

以前にもお知らせしましたが、ついに…間もなく…うれしいことに…この生命の貯蓄体操メールマガジンの登録者が2000人となります。これも皆さまのご購読のおかげと深~く感謝いたしております!。 そこで記念すべきご登録2000名目の方に、生命の貯蓄体操オリジナルの素敵な「靴下」をプレゼントすることになりました! ぜひ周りの皆さまに本部からの最新情報やニュース、順子先生の健康一口メモなどが楽しめるメルマガを宣伝してくださいね! 登録は簡単。 携帯・スマホから、inochi@emob.jpに直接空メールをお送りいただいて簡単な項目を記入・送信いただくだけですよ。

つら~い「腰痛」...今年はその改善がテーマです!

一般の方々を対象に症状別に改善を目指す「特別教室」。これまで「ひざ痛」、「糖尿病」「体型」「首肩こり」「高血圧」と、テーマに基づいて全国で特別教室を開催。それぞれ大きな成果をあげています。 そして今年度は、こちらもお悩みの方が多い「腰痛」の改善を目指します」。 厚労省の調べでは、男性の辛い症状No.1、女性も第2位と本当に苦しまれている方が多い症状。 まずは教室長さんたちの「腰痛」改善のお勉強と実技研修を開催したあと、全国で「特別教室」を実施して行きます。ぜひ、皆さまのお近くで「腰痛」でお悩みの方にも教えてあげてくださいね!

矢野順子理事長の「生命の貯蓄体操ちょっといいお話」

本部があります松山市では、桜がほぼ満開の季節になりました。

春は天候や温度の変化が激しい時期でもあります。
そのため、ギックリ腰なども起こりやすくなります。

ギックリ腰は安静にしていれば痛みはやがておさまりますが、だからといって
放っておくと慢性化して、季節の変わり目に繰り返し起こるようになったり、
腰の様々なトラブルの温床になります。
ギックリ腰の原因は腰の筋肉の疲労による血流の悪さです。
お風呂で温めると気持ちがいいと感じる方は腰の血行不良の可能性が大きいのです。今のうちに改善を目指しましょう。
体操では、まずは骨盤全体を調える「要の操法」が必須です。特に1動、2動、4動が重要です。

そして、ギックリ腰は何気なく体を捻った時などに起こりやすいので、「五導術」の第5動も追加して、腰から背中の筋肉も伸ばして血液の流れをよくしましょう。
いずれも、カタチにこだわるのではなく、余分な力を抜いて気持ちよく行うことが大切です。

新年度「会員プレミアム」は山陽・山陰・北部九州

松山市で恒例の「全国支部長研修会」を開催。前日3月13日16:00から初の「養生手帳」の理事長講義があり、次いで「懇親会」。

満足な料飲と地元支部のアトラクションで大好評でした。
翌14日いよいよ新年度の事業計画の発表・説明です。ここで気になるのが「会員プレミアム研修会」の開催地、
「おめでとうございました」!表記の地域で決定です。
特に注目されたのは初の事業となる「指導員補研修会」。各地で期待が高まっています。
その他詳細は支部長から伺ってください。

今年度も「しんか」の時代に向けて理事長と共に邁進していきましょうね!
ガンバ!

矢野順子理事長の「生命の貯蓄体操 ちょっといいお話」

少しずつ春めいて嬉しい季節になってきました。
今回のテーマは「尿漏れ」です。
一番多いのが、くしゃみをしたり重いものを持ち上げたりした時(腹圧がかかったとき)に漏れる、というケースのようです。また、尿意を感じてからトイレに行くまでに間に合わない、ということも多いようです。 尿漏れ、というと中高年の女性の悩みというイメージがありますが、男性の尿漏れも多いですし、20代女性のうち20%くらいの方が悩んでいるという統計もあり、意外と多くの方が抱えていらっしゃる症状のひとつです。
原因のひとつに、骨盤底筋の弱りがあります。生命の貯蓄体操では、一般に言われているように骨盤底筋群のみに注目するのではなく、骨盤全体を調えることによって骨盤底筋の活性化を目指しています。
特におすすめの動作は、要の第3動と4動、五導術の25動や27動です。
動作を行う時、お腹や腰の力をできるだけ抜いて、できるだけ肛門の力も抜いて、
丹田呼吸にあわせて行なうことがポイントです。

大好評でした! 近畿地区 会員プレミアム研修会!

生命の貯蓄体操普及会本部が全国の会員の皆さまのお顔を直接拝見し、本部のことについてお話ししたり、正しい体操動作を学んでいただこうと開催しています「会員プレミアム研修会」。 今年度は近畿地区25ケ所で実施いたしました。
昨年8月の京みやこを皮切りに先月29日の神戸まで、34の支部にご参加いただき、合わせておよそ4750名の会員さまにお越しいただきました。本当にありがとうございました!
これからも、もっともっと会員の皆さまと本部の距離が縮まるよう、全国各地でプレミアム研修会を開催してまいります。ご期待ください!

大好評です!会員限定健康医療サービス!

生命の貯蓄体操会員のみなさまとご同居のご家族対象の「健康医療サービス」。

始まって3ヶ月が経ちますが、もうご相談された方が沢山いらっしゃいます。
先月1月の相談件数はなんと200件を超えました!
またまた関心の高さに「びっくりぽん!」です!

不意の事故や病気だけでなく24時間、お医者さまや看護師さんに気軽に相談ができるということで、これからもますます増えそうです。
1月の相談内容ベスト3は「治療中の方の治療に関する相談」「気になる身体の症状に関する相談」「家庭看護に関する相談」の順となっています。

相談には、4ケタの教室番号が必要です。
受付電話番号と教室番号は、皆さまの教室の先生にお問い合わせくださいね!

みなさま ぜひメルマガ登録を!

生命の貯蓄体操の最新情報を毎週お届けしているこのメールマガジン。
楽しみにしているとおっしゃる方も多くいらっしゃって、ますます力が入ります!

おかげさまで登録者2000名まであとわずかとなりました。
でもまだまだ沢山の会員さんにお読みいただきたい!ということで、みなさまの周りの会員さまにも購読をぜひお勧めください。

大人気順子先生の健康情報が詰まった「ちょっといいお話」をはじめ、イベント情報や、本部からの最新ニュースなど盛りだくさんです。

登録は携帯・スマホから、inochi@emob.jpに直接空メールをお送りいただき、簡単な項目を記入・送信いただくだけです。
ぜひ登録をお勧めくださいね!

鹿児島での「健康・笑顔フェスティバル」盛大に開催!

去る2月7日(日)鹿児島市の中央公民館にて「健康・笑顔フェスティバルin鹿児島」が開催されました。

会員さまだけでなく、広く一般の方にも「生命の貯蓄体操」の素晴らしさを体感いただけるこのイベント。
会場に「カウンセリングコーナー」、「体操体験コーナー」、「実技披露ブース」などを設け、来場者に地元の担当者が丁寧に対応しました。

また「お楽しみステージ」では、体験談の発表や県内の支部長による体操トーク、
そしてゲストの秋川雅史さんによるミニライブなどで多いに盛り上がりました。

およそ1000人の鹿児島の皆さまをお迎えしたフェスティバル。
当日の入会者も多数あって、鹿児島の各支部は今後の普及活動に熱い決意を
されていました。この様子はHPでも後日お伝えします!

「矢野順子理事長の生命の貯蓄体操 ちょっといいお話」

〜眼精疲労について〜
現代に生活する私たちは、昔に比べて目を使うことが圧倒的に多くなっています。
特に、パソコンやスマホを使っているときは、姿勢を支えるために首や肩の緊張が続くだけでなく、目のまばたきの回数もぐっと減りますので、目への負担は相当なものになります。
目が疲れたときに冷やす方がいますが、むしろ温めた方が血行がよくなるので疲れが取れやすくなります。
体操では五導術の第5動、第7動などで首や肩の緊張をほぐし、第12動の目の周囲の指圧を響きを感じるまでじっくり行いましょう。
正しいツボの場所を押すことが不可欠なので、教室長さんに確かめてもらいましょう。

「健康・医療サービス」ご利用のご確認

おかげさまで大きな反響やお問い合わせをいただいている「健康・医療相談サービス」。 本部へのお問い合わせの中に「会員の家族ってどこまでが対象なの?」というお声があります。 このサービスの“家族”とは、現在同居している「配偶者」および「被扶養者」となっています。つまり「同居されて生活を共にされている方」が対象です。 別の場所で生活をされている方は、残念ながらご利用できませんのでご了承ください。(単身赴任は除きます) ぜひこのサービスを上手く活用して、ご家族健康な生活をお送りくださいね!

お待たせしました!「丹田呼吸法トレーニングCD」予約開始します!

皆さまから、大変多くのご要望をいただき、「もう出ないのではないか?」とまでご心配いただきました「丹田呼吸法トレーニングCD」の予約がいよいよ始まります。先日、全国の各支部あてに注文書を発送いたしました!今回は教室長や有資格者のみなさまだけでなく、一般会員の方々もご購入いただけます! このCDさえあれば、寝る前のお布団の中やリビングで、気軽に聞きながら「丹田呼吸法」がマスターできるはず! 1枚500円です。詳しくは教室長さんにお尋ねください。 なお第二弾はCDをご購入いただいた方への限定販売「丹田呼吸法トレーニンググッズ」です。ただ今開発中!ご期待ください!

無料の「健康・医療相談サービス」嬉しい声が続々届いています!

不意の病気や健康の悩みに24時間専門医師や看護師が応対する「健康・医療相談サービス」が12月からスタートしています。 サービスが始まって1ヶ月。現在までに135件のご利用がありました! 皆さまの関心の高さに“びっくりぽん”です! これまでに多かった相談内容ベスト3は「治療に関するもの」、「身体の症状に関するもの」「家庭看護に関するもの」となっています。 「専門のお医者様に直接アドバイスしてもらえるので助かる」など嬉しい声も続々届いていますよ! 貯蓄体操会員は、ご自身やご家族の健康についていつでも無料で相談できますので、気軽にご利用くださいね! なおご利用の際には、専用電話番号のほかに所属教室の「4ケタの教室番号」が必要です。詳しくはぜひ教室長さんにお尋ねください。

新しい養生手帳、手にされましたか?

初めて生命の貯蓄体操普及会のメンバーとなった方が手にされる「養生手帳」。昨年新しくなったのをご存知ですか? 今回の「養生手帳」は、初めての方だけでなくすでに会員の方も充分ご活用いただける内容となっているんです! わかりやすい体操の解説はもとより、あなたの身体の記録を3年に渡って記録できるほか、3年間の体操スケジュール表やメモ欄も充実!しかも読むだけで体操の用語などの知識もどんどん身についていくんです!持っているだけで「健康な身体」へとあなたを変える新しい「養生手帳」。 詳しくは教室長さんにお問い合わせください。

矢野順子理事長より新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。生命の貯蓄体操、矢野順子です。 この冬は暖冬で、体調管理がなかなか難しいようです。生命の貯蓄体操でしっかりと免疫力を高めてくださいね。 そして、今年から5年間は「しんかの時代」です。 是非、貯蓄体操の真価に一歩でも近づき、素晴らしい健康効果を手に入れてください。 今年1年の皆さまのご多幸をお祈りしています。 そして、メルマガも引き続きよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

会報 生命の貯蓄

会員の方へ3ヶ月に1回発行している「生命の貯蓄」会報をPDFで閲覧・ダウンロードできます。

第36号 平成30年10月
最新号

第36号 平成30年10月

一覧を見る

みんなの情報を受付中!

各支部で開催されるイベントや会員のみなさまの楽しい話題などをどんどんお寄せください。

メールする

メールマガジン

会員様向けメールマガジンを配信しています。

QRコード

QRコードから空メールを送信し、指示に従ってご登録ください。

※QRコードが読み取れない方は、mibyo_inochi@x.bmd.jpに直接空メールをお送りください。 ※登録料など、一切費用はかかりません。 ※パケット代は会員様負担となります。 ※お持ちの携帯電話がパソコンからのメール受信を拒否している場合があります。お近くの携帯会社窓口にご相談ください。

広報ツール

様々な形態の広報ツールをご用意しています。ご希望のツールがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る

メニュー